視野が狭くなり視界が悪くなる

女性

眼瞼下垂とは上まぶたが垂れ下がり、目がしっかり開かない状態のことです。視界が狭くなり見えにくくなるため、視界を得ようとあごを上げることが多くなり、あごや肩がこることもあります。そのほかにも、頭痛や睡眠障害により、眼瞼下垂により引き起こされる症状はたくさんあります。また、眼瞼下垂には先天的なものと後天的なものの2種類があります。先天的な場合は、生まれつき眼瞼の機能に問題があることがほとんどです。後天的な場合は、コンタクトレンズを使用したり、強く目をこすったりして挙筋腱膜が瞼板から外れることが原因の1つにあげられます。そのほか、まぶた周辺に怪我をしたことがきっかけで眼瞼下垂の症状が現れることもあります。

手術で治すことができる

看護師

眼瞼下垂は手術で改善することができます。手術は皮膚切除、挙筋前転法、筋膜による吊り上げという3つの主要な方法があります。皮膚切除は最も簡単な方法で、弛緩した皮膚を切除してたるみの無いまぶたに戻します。挙筋前転法はのびきってしまった腱膜を折り曲げて糸で留め、まぶたを上げる力を増強して改善する方法です。筋膜による吊り上げは、筋膜に釣り上げる力が全くない時に施される手術で、太ももから採取した筋膜をおでこの筋肉の間に移植するという方法になります。手術の方法は医師と相談しながら、自分に合ったものを選びます。症状の度合いによっては、自分の希望する方法で手術が受けられないこともあるでしょう。信頼できる病院で手術を受けるのが賢明です。

どこで手術ができるのか

女性

眼瞼下垂の手術は、美容外科や形成外科、眼科などで受けることができます。それぞれの病院では行っている手術の種類が異なることもあるため、事前にリサーチして選ぶのが良いでしょう。口コミの意見も参考になります。また、どの病院で受けるかによって仕上がりも異なるので、特に美容目的で受ける場合は美容外科を選ぶのが賢明でしょう。眼科や形成外科は生活面での不都合を解消するべくまぶたの引き上げのみに注力し、仕上がりの美しさを重視しない場合もあるからです。眼瞼下垂によって視界が悪い、頭痛がするなど日常生活に弊害が生じている場合は保険が適用されますが、ただたんに目をぱっちりさせたいという理由では、保険が適用されないこともあります。保険が適用される場合、3割負担なら3万円から4万円、1割負担なら1万円から1万5000円ほどが相場となりますが、保険が適用されない場合は20万円ほどが相場です。

広告募集中