HOME>注目記事>目は口ほどにものを言う、目の印象を大事にする
医者と看護師

病気なのか加齢なのか

有名な芸能人の方が手術を行ったとして一気に知名度が広まった眼瞼下垂という症状。症状としては、瞼が重く目にのしかかり、目を開けられる範囲が狭くなっているというものです。簡単に言うと上の瞼が下に垂れさがっている状態です。症状が進むと視野が狭くなり日常生活に支障をきたす場合も発生し、手術が必要となるわけです。簡単に眼瞼下垂と言ってもその原因は様々でまさに人それぞれです。先天性の場合もあれば、後天性の場合もあります。特に後天性の場合は筋肉の異常、神経の異常などの場合があるので、医師の診察を受けその原因をさぐるのが大事です。しかし、多く見られるのが加齢によるものです。加齢により瞼を引き上げる腱膜が弱くなり下に垂れさがってしまうのです。この場合は単に瞼を引き上げる手術で改善されます。後天性の原因は加齢だけではなく、最近ではコンタクトレンズの多用でも発生すると言われています。コンタクトの付け外しのために毎日瞼を引き上げる行為が眼瞼下垂を引き起こす場合もあるので若い人でも起こり得ます。

どこでどのように改善してもらうのか

眼瞼下垂の原因は人それぞれであり、下垂の状態も人それぞれ個人差があります。この状態を改善しようとしたときにはやはりまず原因から探るのが大事です。眼科で目の神経や目の周りの筋肉に異常が無いか調べてもらうことから始めます。異常がなく単に腱膜が弱くなり垂れさがっているだけであれば、簡単な手術で改善されます。美容外科やクリニックで手術が可能です。しかも30分程度の日帰り手術で改善されるものです。ですが、やはり手術してもらうクリニックの選び方は慎重に行わなくてはいけません。まずは、しっかりとカウンセリングを行い、状態把握、シミュレーションをしてもらいます。その上で金額も含めて納得し、これならば大丈夫だと安心してから実際の手術に挑めるようなクリニックを選びます。

広告募集中