HOME>ホットトピックス>自由診療と保険診療の違いについて知っておく

症状についての解説

女性

通常、瞼板は挙筋腱膜とつながっている状態であれば、瞼を開いたり閉じたりすることが正常に行うことができます。しかし、眼瞼下垂の症状があるとまぶたが開きにくくなってしまったり、視野が狭くなってしまうのです。眼瞼下垂の症状がある場合、瞼板が挙筋腱膜からはがれた状態になってしまっているのです。眼瞼下垂というのは加齢によって瞼板がはがれて下がってしまったり、または、二重埋没法の施術やハードコンタクトレンズを長期的に使い続けることによって起こる症状です。その症状は、整形手術を受けることにより改善することができます。

保険診療も選べる

一般的に眼瞼下垂は病気であると診断されるため、保険診療の適用対象となります。ただし、保険診療の範囲内で治療を受ける場合には、制約が付きます。自由診療で眼瞼下垂を治療する場合、瞼をあげるための二重手術では、二重の幅を自由に決めることができるようになっています。しかし、保険診療となると自由診療とは異なるために、瞼の二重幅は医師が決めるため、患者の希望が反映されることはないのです。保険診療は治療費の負担が少ない反面、制約がつくことを理解する必要があります。

広告募集中